メニュー
閉じる

「ジオ鉄写真」募集中(1/31締切)

当委員会が後援する 第10回惑星地球フォトコンテスト (主催:日本地質学会)のお知らせです。
“ジオフォト”最高峰の写真コンテストとして、惑星「地球」をテーマにした作品を公募しています(1/31締切)。

「ジオ鉄賞」は今年で5回目。 とっておきの「ジオ鉄写真」ご投稿お待ちしています

ジオ鉄写真 大募集  ~ ジオ鉄写真をご応募の皆さまへ ~

私たちが日常的に利用している「鉄道」の沿線には火山・峡谷・大地など、さまざまな「ジオ」があふれています。本コンテストでは「ジオ」を「鉄道」と組み合わせることで、「ジオ」の魅力が引き立てられ、列車で旅に出掛けたくなる、魅力あふれる「ジオ鉄」写真を募集します。

対象作品について

「鉄道」に関するものと共に、「ジオ」が写っている作品をご応募ください
(「鉄道」に関するものとは、鉄道車両に限らず、鉄道施設、廃線跡なども含まれます)
ご投稿の際には、路線名と撮影地(駅名または区間名)をお書き添え下さい。
・「ジオ鉄」の優れた作品には「ジオ鉄賞」を設けております(1点1万円)。
受賞作品は全国各地で巡回展示される予定です。

【補足】 投稿の際、サイズの確認をお忘れなく!(500万画素以上、1作品あたり5MB以内:大きい画像は5MB以内に圧縮、詳しくは公式HP>応募要項>応募方法)。

これまでの受賞作品 (タイトルのクリックで作品をご覧になれます)

「 悠久の想い 」          門脇 正晃  様 (2018年,第4回ジオ鉄賞 )
「 あまちゃんの歌が聞こえる 」  吉村 誠  様 (2017年,第3回ジオ鉄賞 )
「 海岸線を行く 」                     大宮 知  様 (2016年,第2回ジオ鉄賞 )
「ロートートホルン登山鉄道」 吉田 宏  様 (2015年,第1回ジオ鉄賞

   +++++ ジオ鉄写真 撮影のマナー +++++ 
    ・線路内に立ち入ってはいけません。
     ・ホームでは白線・黄色い線の内側で撮影すること。
     ・ほかの撮影者・利用客に気を配る。(ホームでの三脚や踏み台の使用は避けましょう)
     ・列車の運行業務に支障をきたすフラッシュ撮影はいけません。
     ・地元の方への気配りを忘れずに。(土地所有者に挨拶をしてから入らせてもらいましょう)

応募先: 第10回惑星地球フォトコンテスト  → 公式サイト http://www.photo.geosociety.jp/

皆さまの素敵な作品のご応募お待ちしています♪